2013年09月30日

ニュースの放映基準って?

お隣の松原市で、どエライ交通事故がありました。

高速道路に大型トラックが鉄の固まりを落としたそうです。
危険なので、3台の乗用車が急停車しました。

そこに、ガソリンを満タンにしたタンクローリー車が突っ込んで
タンクが破れたそうです。

奇跡的に、爆発も炎上もしなかったそうです。
幸い怪我人もありませんでした。

でも、タンクから、1万2千リットルのガソリンが全部漏れたそうです。

朝10時の事故でした。

当然、高速道路はピタッと動かなくなり
快復したのは、22時過ぎになりました。

テレビで状況を見ようと思い、
チャンネルを変えながら見てたんですけど
結局、ニュースで確認することはできませんでした。

ローカルニュースでも全く扱われませんでした。

これだけの大きな事故がローカルニュースでも扱われないってことは
放映されていないニュースで、メタメタな事件が数知れずあるのかもしれない。

ニュースの放映基準ってどのようなものなんだろう?
首をかしげることが多いです。

人気ブログランキングへ
バナー緑

posted by ボチ at 15:43| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどけが人がいないと単なる物損事故
報道の値打ちもない・・・
ってところですかねぇ
Posted by hawk at 2013年10月14日 11:03
ええ そうなんですよねえ・・・

事故の規模や社会的な影響力ではなくて
何人死んだか?
あるいは重軽傷者はどれだけ出たのか?

そんなことで報道の値踏みがなされている傾向を感じるんですよねえ・・・
Posted by ボチ at 2013年10月14日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。