2007年06月30日

感謝、感謝の3000投稿達成ですよ〜ん!o(^▽^)o

なんだかんだ言いながら、こうして3000投稿目の記事を書いております。

まさかこんなにも文章を書くなんて夢にも思っておりませんでした(^_^;)

まさに『DIONの思う壺』とは解かっていながらも、わたくしのようなド素人の記事を読んでくださる皆様がこの液晶画面の向こう側にいらっしゃると思うと、やる気出ちゃいますo(^▽^)o

1000投稿した時自分でも呆れました。
「まさか2000なんて、そんなん考えるだけでウンザリ」そんな気分やったんですヨ。

せやかて1000投稿まで長かったですよ〜(^_^;)

10でも50でもきっついのに
100とか500でもエゲツナイのに
1000だの2000だのと。
それが3000投稿って?

いったい私は何かのビョーキでしょうか?(^^ゞ

「俺はまじでアホなんとちゃうか?」と思いますね(笑)

2000になった時「んなアホな。ないない。そんなん絶対にないない。アホなこと考えんとき」なんて3000という数字がチラホラと。←ほらアホでしょ?(^_^)


マジな話し、私は「読者の方々に恵まれているなあ」と感じることがよくあります。
愛読者の方々のお気持ちが伝わって来るのです(^_^)

ほんとうに応援して下さり見守っていて下さってることと感じております。

こんなにも記事が多くてコメントの少ないブログて珍しいことありません?

「記事の内容もヤバイしなあ〜・・・・(・_・;)ちとコメントもできんわなあ〜」なんて思ったり
「返信の労力のことをお気遣い下さってるんやなあ( ´−`)などと感じたり。

初めてコメントを頂戴した時の感動を忘れられません。

あれは確か・・トレトレパックマンさんでしたよね?←それていったい誰やねん?

そういった感動がありましたので、頂戴したコメントには必ずお返事したい気持ちでおります。

最初の頃はスパムコメントを知らなくて、スパムコメントにもお返事しておりました(笑)

中には悪意をお持ちの方もおられました。

悪意があったことをお認め下さり、謝罪してくださった方もいらっしゃいました。仲良しになれてホントに嬉しかったなあo(^▽^)o

愉快なコメント、挑戦的なコメント。批判的なコメント。お叱りのコメント。応援のコメント。お馴染み様のコメント。お久しぶりのコメント。嬉しいコメント。

皆様ウエルカムです(^O^)

どうぞご遠慮なさらずに、ドシドシコメントお待ちしておりますよん♪

ご感想でもかまいませんよん♪

どうぞヨロピクお願い申し上げますナリよo(^▽^)oニンニン

ランキング!いつも応援して下さって感謝です(涙)

信じられないようなランキングに入る経験させて頂きましたし、今もとんでもない所に居させて頂いてるなあ・・・と、本当にクリクリ応援、感謝感謝です(_ _)

節目の3000投稿達成を機会として、皆様に本当に有難うございます。(_ _)

今後ともどーぞご愛顧下さいませo(^▽^)o


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 22:44| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変なことをしてしまう。<2998投稿目の独り言>

「俺て変なことするなあ〜」て自分でも笑うときありますね。

お釣りを受け取って、買ったモノ置いて立ち去る自分。
←お前は共同募金か?

タバコの灰を灰皿の隣の珈琲カップにトントン♪←ケッコーショックです。(^_^;)

お風呂で石鹸で顔洗ろてて鼻の穴に手の指が入る時。←下手したら血が出ます。

歯ブラシに洗顔フォームつけて磨いた時。←これけっこうキショかったですよ。メチャニガかった(笑)

タバコ吸うたろとフィルターに火をつけた時。←フィルターの煙おもっくそ吸い込んで、驚きます。アンドもう吸えません。ああ、もったいなあ〜(>_<)

100均行って何を買いに来たのか思い出せない時。←あきらめて帰ったことあります(^^ゞ

フォークとスプーンを間違える時。←取替えんのがじゃまくさいわ。

賃貸マンションのお家へ帰る階段を上がりすぎてしまう時。←体調のエエ時かな?
一階足らんこともあります(笑)←相当ヘタッてますね。

ボチ妻呼ぼうと思て猫の名前呼ぶ時。←昔飼ってた小鳥の名前で猫呼んでしもたり。昔飼ってた犬の名で猫呼んだり。自分が解からんくなりますよ(^_^;)

眼鏡かけたままで「わしの眼鏡どこや?」て探してる時。←定番ですが、ケッコーやってまいます。

パソの文字変換で意味ないキートップを押してる時とパソの文字変換で変換せんでもエエのに変換かましてる時。あるいはパソの文字変換で回数押しすぎる時。←ケータイでもしょっちゅうやってますわ(笑)

「パソ終了」と思て、再起動してまう時。←これて、たいがい寝よて思てる時やし、再起動てメチャ時間かかるし、マジ嫌になりますね。

気がついたら目的地を通過してる時。
←廊下のドアなんかも通過してまう時ありますよ(笑)
きっと行きたくない所なんでしょうね。

日程訊かれて、腕時計を見ながら考える自分にふと気が付きます。腕時計してない時もありまっせ(^_^)←俺だけやないはずや。

また変なことやってておもろいなあ〜て思たら書きますわ。
『変なこと』大募集!
いっぺんやってみましょか?
皆様の『変なこと』コメント下さい。
ペンネーム入りで、まとめてアップします。

ほな。(^_^)/
バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!










posted by ボチ at 21:31| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこまで拭くのか?<3000投稿まであと3投稿>

わたくし、様々な問題に直面しながら生きてまいりました。
さて、本題に入らせて頂きます。
「おそらくある程度の皆様もこの問題に関して避けがたいものがあるのではなかろうか?」
そんなふうに感じます次第です。

大と小。
すなわち大便の場合、用を足した後、どこまで拭くのか?←要はウンコの話しかいな(_ _;)

『ウォッシュレット』が普及した昨今でありながらも、ガソソリンスタンドなどの出先のトイレなどで、昔ながらの『金隠しタイプ』『ポットン方式』『素洋式便座タイプ』「☆あなたはどの便座?☆」←ちゃうやろ!

便座がブロックされてしまったら、どうします!←あほ

つまり、胃腸の具合の良い場合などは「サラッと一回でイイんじゃないの?」な〜んてもんですが、皆様よくご存知のようにわたくしなどは、そういったコンディションでない場合が殆どなのです。(知るわけなかろう!)

「いったいいつまで拭き続けるのか?」

理想的には「全く色のない状態になるまで拭きたい」

そういった、願望が否めないわけですよネ。

「ああ、なんて俺はこだわりを持った男なんだろう・・・欲深い罪な男なんだろう・・・」
あるいは「こういった行為が『完全主義』あるいは『完璧主義』と言うのであろうか?」

「いったい、どんなけトイレットペーパーつこてるねん?トイレ詰まったらエライことやで(汗)」
などと、よそのお店のコストのやらトラブルのこともちらっと頭をよぎります。

あるいは「このまま行ったら俺は『痔』になるで」
そんな心配も・・・・・。

そういった日は、一回のトイレでは済まない場合が多いですよネ。
これは実に困ったちゃんです。

いい加減トイレに行くのが嫌になってしまう。

先日わたくしの主治医である奇跡の美人女医から

「ボチさんは『白黒思考(オール・オア・ナッシング)』的な場合があります。そしてその事があなたの人生を苦しいものにしてしまっている」

そんなふうに刺激を、あ失礼。指摘を受けました。

確かにこのままではトイレが嫌いになってしまう!
このままではウンコが嫌いになってしまう!
このまま行けば痔になってしまう!
下手をすると『トイレ恐怖症』になってしまう!(かな?)

拭かないなんて方もおられますよ!

関西系の方で、元プロボクサーで、芸能人で漫才師を本業となさっておられる人物ということだけで、トミーズの雅さんということはここでは伏せさせて頂きます。←伏せ方知らんのか?(^_^;)

故・遠藤周作という作家をご存知でしょうか?
『違いの解かる人物』のお一人です。

かの遠藤周作、古里庵先生をして「ホンの少しでも便が俺の尻の穴に残っていると思うだけで、俺は不幸のどん底に落ち込んで行くのだ」とさえ言わせしめた・・・・。

こうなって来ると笑い事ですよねヾ(≧∇≦*)〃

てか「個人差って極端なものだよなあ〜」なんて思いながらケツを拭くわけですよネ。で
「この辺にしとこかな?」なんてネ。

文章だってそうかも知れない。すなわち・・・。
まあこの話しはこの辺にしておこうかな。←おいおい変な終わり方するなよ(^_^;)

え?たまにはイイじゃん。なんてネッ!o(^▽^)o

ま、そんなわけで『尻拭い』なんてこともございますが、みなさまにおかれましてはどこまで拭かれるのでしょうか?実に興味深いところではございます。(^_^)
バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 18:41| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『家族ゲーム』の真相?<3000投稿まで4つ>

私の大好きな監督さんのお一人森田芳光監督。
よしもとばなな氏の原作を忠実かつそれ以上の名作に仕上げてしまった『キッチン』などなど本当にシビレます。

さて『家族ゲーム』1983年(日活)をご記憶の方も多いかと。

ゲ?24年も昔の作品になっちゃうの〜(>_<)
私も歳をとるはずですわ(笑)

最初からラストまで、まったく退屈しません。
何度観たかな?
少なくとも10回以上は観てます。

ネタバレになってしまいますので、この続きは<続き>の方をご覧下さいませ。


続きを読む
posted by ボチ at 11:23| Comment(3) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

乳輪の色と肌の色。<あと5投稿で3千投稿達成>

いきなしコレですわ(_ _;)

わたくしの大好きな女性の乳首。

摘んで良し。くわえて良し。軽く噛んで良し。撫でて良し。レロレロはサイコーo(^▽^)o←本格的なアホ(_ _;)

さて、そんなステキな乳首くんと乳輪さん。

ピンクの方もおられれば、ドス黒い方もいらっしゃいます。
俗説では、性行為の数の多さと黒さが比例すると・・・

ホンマかな?
では、考察してみましょう。

乳首の色はメラニン色素でやや黒ずむようです。

つまり日焼けの黒さと同じですね。

ホクロなんてのはメラニン色素の塊だし、シミ、ソバカス、などもそうですよね。

憂鬱な便秘、気になるニキビランランランラララララ〜ン毒草丸〜♪毒草丸〜♪
あなたのために(ヒュウ〜ウ)毒草丸〜♪
40年昔の毒草丸〜♪のテレビコマーシャルソングでしたo(^▽^)o←カンケーないやろ!

つまり、メラニン色素が多い女性の乳首は黒くて、少ない女性はピンクあるいは、薄い目の赤茶くらかな?

肌の色が濃ゆい女性の乳首及び乳輪くんは真っ黒クロ助?
まるでホクロのようなブラック。

肌の白いホクロやシミの極端に少ない女性は、黒ずみの無い、ピンクと考えられます。

ホクロのように真っ黒な乳首と、ピンクの乳首。
どちらが魅力的なのかは価値観の問題として、私は断然ピンクかな?
ねえ!アダルト見てて、ドス黒い乳首に乳輪くんは引きませんか?

かなり古いのかもしれませんが長瀬 愛ちゃんはかなり大胆で、しかも可愛い。
でもどうしてあんなに乳首が黒いのだろう?

DVDで見ても肌の色が正確に再現されず、確認ができないのが残念です。

男性の皆様はピンクとドス黒っても価値観が様々でピンク色がイイに決まってますよネッ?

え?ホクロのような乳首がお好き?

ほお〜それはなかなか。←なかなか何んやねん?

ちなみに女性の方々ってご自身の乳首や乳輪の色をお気になさるのでしょうか?

そんなの価値観ですよねえ〜
ピンクがいいとは・・・・ピンクがイイに決まってますよね?

え?ドス黒いのがご自慢?
黒くて艶光しておられる?

見せて見せてえ〜o(^▽^)o←変態バカ(_ _;)

バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!





posted by ボチ at 23:26| Comment(1) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと5投稿で3000投稿になります。

自分でも呆れています。

あと5投稿で3000投稿となります。

3000もの文章を約2年半で書くことになります。

たいがいやなあ〜(^_^;)

はじめたときにはそんなことを考えもしませんでした。

さて、記念の3000投稿まで、あとたったの5投稿。

どんな文章を投稿したものか?

キーボードに訊いてみよ(笑)

ことさらにエエ文章を書こうとは思いません。

いつもと同じ、ただ思いつくこと、頭に浮かぶことをそのまま文章にするだけ。

どんな文章が出て来るのかな?

私も「見物やなあ〜」と他人事のようにポロポロと書いてゆこうかと・・・・・

できれば3000投稿の節目やねんし、エエ文章が描きたいのは山々ですが、人がそんな便利になれるわけない・・・byセーラさん。

タイトルの右端にあと○投稿とカウントダウンを入れてみようかと。

ハードルを自ら上げる愚行(^_^;)

それではみなさま「いったいボチがどうなるのか?」どうぞご覧下さいませo(^▽^)o


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 22:59| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎 駿作品のタイトルで遊んじゃえo(^▽^)oちといじりました。

「あ、耳を澄ませば、誰かが呼んでいる〜♪」

「わし足場がしっかり千と千尋の金隠しにハマってしもたーっ!(>_<)なんとかしてえ〜っ!お隣のトトロはん!」
「ンガア〜・・・・。ハイ、ゲド洗面器(^_^)」
「そんなもん何んの役に立つねん!ゲロ吐け言うんか?あほたれのバカ(涙)なんとかして紅の豚?」
「風の谷のナウシカしなあ〜・・・・(^_^;)」
「考えてんとハウルの城っ!」
「そんな偉そうに宮崎駿うて言われてもナウシカならんでえ〜」
「わしもう〜涙が思い出ポロポロ出てきよったがな(>_<)」
「雷太、気持ちを落ち着けて平静ぽんぽこ狸合戦になれよ」
「わしもうマゾの達観ひ〜ん(快感;)」
「哀れ者のけ悲鳴か?」
「もーイラ未来少年困難嫌やあ〜(>_<)」
「ネぇコの裏返してみたらあ〜?〜♪」
「お、われブスの少女ハイジやんけ!」
「一回転くうの城っ雷太!」
「よっしゃ!ほなちょっと力借りて押すとろの後ろ」
「お前メッチャ重いでポロポロ(泣)」
「あら?お侍ジャイアンツさん????」
「拙者、通りすがりの、番 馬馬んと申す。これはアカンどうも鈴之助ではないかの?」

えらい長靴を履いたネタで失礼しまし太陽エネルギー(_ _)
三角塔することにインダルトリアり!なあ〜んてチャッテネッ!(^.^)

み〜んなダイス船長o(^▽^)o
なんかモンスリー?ウソウソ(笑)

ほラナ、ハイハーバー(^_^)/


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 22:41| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本政府は東北キャラ?

現在、日本の首都は東京ですね。

この前とある気の利いた喫茶のマスターとのお喋りで
東京都に在住なさっておられる方のナント半分が新潟県後出身だと伺いました。

真偽のほどはともかく。
私は東京に3年半暮らした経験があります。

何かが決定的にローカルとは違う。

たとえばエレベーターの中って妙に気まずい空気が漂いますよね。
息が詰まりませんか?

そういった空気が東京にはありました。

「いったいこの空気は何んなんだろう?」

私はその答えを、東京にお暮らしの方々の多くが東北からお見えになった方々だからではないかな?と感じました。

どういったわけだか私には理解できませんが、東北の方々は、不思議な劣等感をお持ちである感じを否めません。
すなわちズーズー弁に代表される、言葉の訛りの劣等感などもお持ちのご様子。

私は大阪府堺市から東京に参りましたが、ことさらに自分の使う関西弁に対する劣等感は全くありませんでした。
かれこれ15年程昔の事ですから、まだまだ関西弁ブームなんてありませでした。
なのに全く自分の方言を気にせずに使用しておりました。

さて、政府ももちろん首都の東京都にあるわけです。
そこの政治家の皆様は、北陸のご出身が多いと聞きます。次いで東北でしょうか?

つまり、日本は東北カラーの政治の国と言ってもよいのではないでしょうか?

私が東北の方々に対して持つイメージは、実に閉鎖的でシャイなイメージです。
更に歴史を辿っても実に虐(しいた)げられる存在でしたよね?

すなわち蝦夷といった言葉があります。
あるいは蝦夷征伐なんてとんでもない事もあった。
その役割を担う将軍を征夷大将軍などと言い、相当な権限を与えられ、征伐に成功すれば、かなりの報酬だったようですね。

過去に農地改革なんてのもありました。
東北では作物は実に育ち難い。
政府はそこを田んぼにせよと命じました。
血の出る艱難辛苦。

しかし、東北の方々の辛抱強さは相当なものだと感服します。
豪雪に鍛えられ、厳しい気候から来る度重なる食糧難など、試練とも思えることを乗り越えて来れれたからなのでしょうか?

エゲツナイと感じたのは、血を流して田んぼをお作りになられたのに対して日本政府は、減田政策を言い渡しました。
すなわちせっかく田んぼにした土地を今度は、埋め立てて住宅地にせよとの命令です!

普通怒り心頭に達しますよね?

しかし、東北の方々は黙々と、政府の要請に応え、住宅地とすべく、埋め立て、区画整理を行われたのです。

政治家の中に北陸や東北のご出身の方々が多く見受けられるのは、そういった、はかりしれない辛抱強さと、地元の苦しみをどうにか楽にしたい。

そういった切実なものがあることを感じます。

さて、そういったわけで、日本政府は東北に対して非常に手厚い政策を行いますね?

すなわち東北新幹線開通など、有り得ないような政策が次々と打たれるわけです。

どんなに賄賂や汚職まみれの政治家であっても、東北の方々に手厚い以上、大先生と呼ばれます。慕われます。信奉さえされます。
票数の獲得は実にたやすい。

こういった循環で、ずっと東北や北陸ご出身の大臣がまるで世襲制度でもあるかのように公然と行われます。

すなわち日本の政府は東北主義と言っても過言ではないでしょう。
つまり日本は『民主主義国家』ではなく『東北絶対主義国家』だと感じる次第です。

私がずっと憂いておりますのは、そういった『田舎』の思考回路の政府が果たして世界を相手に通用するのか?ということなのです。

良いとか悪いとか、批判でもありません。

単に、私が感じております不安です。

現実に日本政府が対外的にどんな態度であるか?

それはまさに東京都に観られる、卑屈なまでの態度と実に似ていると感じるのです。

すなわち『虐(しいた)げられやすい癖』を持った政府であると感じるのです。

これでは、一番隅っこにある、第三地域と世界から認識されている上に、更に外交は卑屈になる。

まるで世界からバッシングであり差別さえを受けているような状況さえも感じます。

繰り返し申し上げます。
偏見だとお感じになられましたら、どうぞご容赦下さいませ。
これは決して、批判でも非難でもありません。
単に私個人が感じたままを述べさせて頂いおりますだけです。
他意は全くございません。

お付き合い下さりありがとうございました。


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 05:26| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

コロッと変わるタイプ。

女性で、同性の前と、男性の前で呆れるほどにコロッと態度変わる人ていらっしゃいませんか?

実は男性にそういった方がケッコーおられます。

「ようやるわあ〜(^_^;)」て眺めてますけどね(笑)

そういうタイプの方にはお友達はできませんけどネェ〜(^_^;)


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 23:16| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カツラの誘惑・最終章

そんなスッピンの恐怖にあなたは耐えられるのでしょうか?



カツラの甲斐あってか、35歳でついに可愛いあの子をゲット!


o(^▽^)o



「やった!」


「でも、まだカツラのことを彼女に話していない・・・」
(^_^;)

「話せるわけがなかろうがっ!」

一週間風邪をひき、風呂にも入れず、パジャマがやや臭う。
首周りが黒い・・・・・(_ _;)
身体も気持ち悪りい〜(>_<)

そんなパジャマの上に、真新しいスーツを着て、ネクタイします。

伸びた髭も綺麗に剃ったら
「おお、そこそこちゃんと見えるもんやな」

若干臭うような気がする。
「よっしゃここはオーデコロンでと」

さて、その姿で出勤。

「あ、制服がなんとも似合う、たまらん色気のA子ちゃんだあ〜」

珍しく、会議の席の隣にはA子ちゃんo(^▽^)o

「でも・・・・俺のスーツの下には、例のパジャマが・・・(^_^;)」

バレてないよな・・・?(汗)
襟首からパジャマ出てないよな?(汗)
ズボンの裾からパジャマ出てないよな?(汗)
ワイシャツの袖口からパジャマ出てないよな?(汗)

そら、もー会議どころやないですよね。

すなわちカツラを被ると言うことは、こういった『ビクビク感』であり「俺は他者を騙している卑怯者なのか!」といったシークレットブーツを履くのにも似た『罪悪感』のような気分。

そんなないまぜの、いやあ〜な気分で日々を過ごすことになるわけです。

そして憧れだったA子ちゃんにも絶対に内緒の内緒・・・(汗)

ところが、ナントA子ちゃんとデートができちゃう奇跡の日が!o(^▽^)o

3回目のデートでゴッツイええムード( ´−`)

いざその時「ああ!頭が痒い!」 「はずしてスッキリしたい」
そんな気持ちを押し殺して、涼しい顔で

「先にシャワーを浴びるよ」

トイレに入るみたいに鍵のチェック!
「外から見えないタイプやな・・・・・よっしゃ!」

カツラをようやくはずしてシャバの空気が心地よい〜( ´−`)
頭を存分に洗うわけです。



「ねえ〜一緒に入ってもイイ〜」

そんなん嬉し過ぎるけど、わし禿げ頭やんけえ〜


どないしょ!

「ねえったらあ〜・・・どうしたのお〜・・・なんで鍵かけてるのお〜?」

「やっべ〜(・_・;)」

「俺ってさあ〜、初めての夜はベッドで出会うってスタイルなんだよ」

「そっかあ〜ワカッタ・・・ゴメンね。寂しかったから」

オッケー。思わずガッツポーズ!o(^▽^)o

さて、カツラをしっかりとお手入れして、バスタオルを羽織ってシャワー室から出ます。

「お前も浴びて来いよ」
「うん(*u_u)ぽっ」

きゃあ〜カワイイ((>д<))

入念なカツラのチェック。

「途中ではずれたら洒落にならんで」

よっしゃ、完璧にチェック完了や!

バスタオル一枚羽織っただけの悩ましい彼女が出てきましたo(^▽^)o

べっどにスルリと滑り込むA子。
「ねえ、明かりを消してもイイ?」
「うん、イイよ」

明かりが消えた途端二人のスイッチはオン!

二人は燃えに燃えました。

まるで時がとまったように、長い夜だった・・・・・・・
ふたりは何度も何度も愛し合ったのです。


そのまま疲れて眠ったふたり・・・

ふと目が覚めます。


「あ、そうだったんだ・・・」


あなたの髪を愛(いと)おしそうに撫でてくれている感触が、カツラ越しにしか感じられないもどかしさ・・・・(>_<)

「A子」と振り向いた瞬間、あなたのカツラがボロッとズレました!

きゃあ〜!

「え?何?どうしたの?」
彼女を見たあなたは仰天しましたっ

「お前は誰だっ!」

スッピンの彼女でした。

彼女のメイクはあなたがきれいに落としてしまったようですよ(笑)

ふ〜たりは〜枯れススキい〜♪(昭和枯れすすき)

さて、この後ふたりはいったいどうなってしまうのでしょうか?

ああ、カツラをつけてモテたいよう(>_<)

でも、いずれ打ち明けなければならない日が来てしまうよう〜(>_<)

実に難しい問題ですね。

私のカツラに対する考察及び、その誘惑のままにカツラをつけた人生の何たるか?の個人的な空想SF・・・

さて、現実は如何に?

それはあなた次第。

でも悩みすぎても、髪によくないですよネェ〜

できればカツラットした人生を送りたいものですよネッ!o(^▽^)o


<完>

バナーにほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 22:53| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カツラの誘惑・2

昨今、カツラの技術であり、増毛法の技術。
植毛の技術。髪の毛のある部分を、無い部分に移植する手術。
様々に「リーブ41歳♪」「アーっと姐ちゃん」「増毛コンタクトレンズ」などテレビCMでは数々の誘惑が・・・

昨今のテレビコマーシャルて言うたら、育毛、増毛、サラ金、ハウス食品、ファイト一発!・・プう〜「くっさ〜えげつなあ〜」by.故・岡八郎

こういったものばかりです。

「ああ、どないしょ・・・・俺は松山千春で行くのか?それともこのまま行くのか?」

ちなみに皆様、松山千春さんて、物凄い几帳面な方やとは思われませんか?

あの頭、毎日綺麗に剃ってはりますねんで。
考えるだけでも面倒くさい(_ _;)

髭に目が行くように、谷村新司方式で行くのか?

腹をくくった名俳優、大地康雄方式か?

はたまた、両手ブラリのまったく無防備、温見方式?

髪型は『前・市川新之助』『鶴瓶』『アルシンド』話題沸騰『東国原知事』の4っつに絞られるかと?

この中でいっちゃん安上がりで手のかからんのは?
ゲ!『アルシンド』?
「ちとキツいアルネ(>_<)」

ほな『東国原知事』?
「うう〜ん、俺とはちょっと禿げ方がちゃうねんなあ〜」

「やっぱり『笑福亭鶴瓶』かいなあ〜・・・マンネリやなあ〜」

「ああ、やっぱりカツラか!」

ゴッツイええカツラを購入したとします。

装着カンタンo(^▽^)o
絶対取れない。
蒸れない。
どう見てもバレッコないリアルさ。

さて、ここで問題となるのは、すなわち電車でキセルをかましてるような、なんとも言えない「俺は他者を欺いているのか?」

お化粧した女性が、憧れの男性とついに!

その時に、どうしても逃れることのできない

『スッピンを見られる恐怖!』(゜o゜)


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!


<づづくよ>








posted by ボチ at 21:50| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カツラの誘惑。

不幸にして、30の声を聞く前あたりからシャンプーのたびごとに抜け毛が多く感じてしまう若者が居ます。

額のMの字の突起部分はことさらに剃りこみを入れたわけでもないのにどんどん深く鋭く頭髪の中に食い込んで行く。

あるひハッと自分の後姿に愕然とする!

「あ!つむじの周りが薄い!」

そう!前に気を取られていたら、本当の恐怖は背後から忍び寄る!

きゃあ〜←いつまでやってんねん(^_^;)

てなわけで若禿げくん

35歳になる頃にどう見ても40歳のオッサンに見られてしまう(>_<)

40歳で、スーパーまけっとで買い物をして、レジを通る時にオバチャンが間違えて「ピッ」←なわけないやろ(笑)
頭皮に艶が出て、明るい場所が怖い(>_<)
よう光ります。
光った頭皮に横縞の柄。
そらよー目立ちまっせえ〜

その頃になったら自暴自棄。

「どーせ俺は禿げ頭や」

帽子を被ると「おろ!10歳は若く見えるで!」

喜んでイイのやら悪いのやら(_ _;)

帽子が脱げなくなっちゃうううう〜( p_q)
余計に禿げちゃうううう〜( p_q)

実年齢が40歳で50歳に間違われる人生・・・・・。
せやけど帽子被った途端に30歳に若返る。

この頃とちゃいますか?
『カツラへの想い』が始まるのは。
バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!


<つづく>




posted by ボチ at 21:20| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

果たしてオチンチンはデカさなのか?

黒人のそれはかなりのモノだそうですネ。(*u_u)ぽっ

白人さんのそれも相当なモノだと聴きます(*u_u)ぽっ

日本人のそれの平均値は勃起した状態で約45cm

なあ〜んてネッ!(笑)
ウソ、ウソ。
馬かよ!

小指ほどの方もおられるのは事実です。
でも、どこまで肥大化するのは存知ません。

あるいは包茎などの場合、肥大化したら激痛ですよね。

さて、大きいことをご自慢なさる男性もいらしゃると思います。
小さいことに劣等感をお持ちの方もおられるのでしょう。

果たして、大は小を兼ねるのでしょうか?

問題は、行いたい女性のサイズではないでしょうか?

女性のサイズも様々なようです。

小さいとこに大きい場合、痛みをともなう場合があります。
半分しか入らないなんて悲しいこともありますよね?
極端な場合挿入不可能なんて不運な事も起こり得ますよね?

入らなかったら意味はない。

ってことはデカすぎると困ったちゃんになってしまう可能性がありますよね?

それに対して、ちびっこサイズの場合は、ほぼ確実に挿入できると考えられます。

問題は、ガボガボ、あるいはスポスポな場合ですよねえ〜
こういった場合、角度を極端につけることでフォローは可能でしょうね?

困るのは、奥の壁まで届かない場合です。

女性のそれの入り口付近に、クリトリスがあります。

女性のオナニーはその入り口のクリトリスで行う場合が主なようです。

その入り口のクリトリスのみでオーガズムを得られるようですよ。

ってことは、必ずしも奥にあるGスポットなる物に接触できなくても、なんとかなるってことですよね?

おろろ?
小は大よりも確実?

そういうことになりますね。

さて、女性の入り口が大きく、深さも実に深い場合、デカイのを欲求なさる傾向があるかもしれませんね?

要はピッタリフィットが理想ってことになりますね?

相思相愛の男女のピッタリフィットなら言う事なし。

つまり『デカければ良い』というのは『俗説』であると言えるのではないでしょうか?

ここで大きな、あオチンチンじゃないですよ。
大きな問題があります。
肝心なことです。

すなわち、固さ。

サイズに関しては『ピッタリフィット』が理想的であることは間違いないと思われます。

しかし、そうでない場合、それをフォローするにも『固さ』がなければ、角度によるフォローもできませんね。

ではまとめに入らせて頂きます。

『果たしてオチンチンはサイズなのか?』

●一番肝心なのは『デカさ』ではなく『固さ』である。

●理想的なのは、行為を行う女性との『ピッタリフィット』である。
●デカすぎた場合、支障をきたす場合が考えられる。

以上、理想的なオチンチンに関して考察してみました。

如何なものでしょうか?

え?私のですか?

うううう〜ん

ゴムはM寸を使用します。
ただ、少しだけゴムの長さが足りません。
固さに関しては、抗鬱薬の副作用で、なかなかしっかりとした状態になることが無い場合があります。

運の悪いことに、私のモノがヒジョウにしっかりとした場合『ピッタリフィット』を超過して、太すぎるようで、困っております。

何を詳細書いているのでしょう?

世の中、様々に不本意なことが殆どのようで、理想的に『ピッタリフィット』のカップルはラッキーってことでしょうかo(^▽^)o


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 03:20| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

見損なってしまうこと。

人を見損なってしまうって悲しいですね。

「なんや、エエ人やんかあ!」

の方やったらエエンですけどね。

「まさか、そんな裏表のある人間やったんか・・・」

こういった場合はかなりショックです。

自分の目を信じ、心から他者に信頼を置き信じて、裏切られる。

ダブルショックやもしれませんね(_ _;)

直接お会いしても見損なってしまうことがあります。

たとえばGREEなどのネットの世界では文字だけでしょ?
見損なうことが多いですわ(^_^;)


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!



posted by ボチ at 10:45| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オッパイは形?それとも大きさ?

オッパイ大好きボチです。

ほどよい、乳輪と乳首のサイズは当たり前のこととしまして、
ここで考えたいのは、オッパイはサイズさえあればイイオッパイなのか?

それともA〜Bでもイイから、乳首がツンと上を向いた、綺麗な形のオッパイに魅力を感じるのか?

非常に重要な問題だと考えます。

とかく『巨乳』だの『爆乳』だのと、デカければ何んでもイイってな風潮が始まって久しいですネェ〜

実に嘆かわしい・・・・・

私的には、やたらデカくて、無闇に乳輪がデカイオッパイは気色悪いです。

デカけりゃイイってのなら、牛の乳でも見てろって思いますネ。

ツンと乳首が上を向き、オッパイも引力に負けない形を保持できる。
更に感度が良ければ言う事ありませんね。

奇跡的な程に良い場所にホクロがあるとか。

わたくしは片手で掴んで余るくらいであれば十分ですよ。
シリコンまで入れたオッパイは破裂しそうだし違和感jはあるし、痛そう(>_<)

あと無闇とデカイおっぱいの女性がお婆ちゃんになると、ストッキングみたく、胸から30センチくらいシワシワの皮膚が垂れ下がるわけですよネェ〜(ノ_-;)

蝶々結びができても、なんの役にも立ちませんよね。

あ、でもご自身で乳首をくわえることができますよ!

やってみたくはあるやもしれませんネッ!(^_^)


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 04:25| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

リコーダーの音色に・・・・

外から笛の音・・・

風に乗って、たどたどしく鳴るのがかすかに聴こえて来たんです。

リコーダー?

下手くそやなあ(^_^)

心が和むなあ( ´−`)

楽しいか?

歩きながら吹いてんねんな(笑)

俺にとっては、ほんまに幸福な音色や〜

どこの子おかしらんけど

おっちゃんは最高には最高にええ演奏やで

しあわせなひと時をくれてありがとうな。

外から縦笛の音がな

風に乗って、たどたどしく鳴るのがかすかに聴こえてきよる

下手くそや

心が和むなあ( ´−`)

楽しいか?

歩きながら吹いてんねんな(笑)

俺にとっては、ほんまに幸福な音色や〜

どこの子おかしらんけど

おっちゃんは最高には最高にええ演奏やで

しあわせなひと時をくれてありがとうな

外から縦笛の音がな

風に乗って、たどたどしく鳴るのがかすかに聴こえてきよる

下手くそや

心が和むなあ( ´−`)

楽しいか?

歩きながら吹いてんねんな(笑)

俺にとっては、ほんまに幸福な音色や〜

どこの子おかしらんけど

おっちゃんは最高には最高にええ演奏やで

しあわせなひと時をくれてありがとうな

外から縦笛の音がな

風に乗って、たどたどしく鳴るのがかすかに聴こえてきよる

下手くそや

心が和むなあ( ´−`)

楽しいか?

歩きながら吹いてんねんな(笑)

俺にとっては、ほんまに幸福な音色や〜

どこの子おかしらんけど

おっちゃんは最高には最高にええ演奏やで

しあわせなひと時をくれてありがとうな


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!



posted by ボチ at 23:08| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の『大正デモクラシー』のイメージ。

『大正デモクラシー』の謎は解けたのか解けてないのかよう解かりませんわ(^_^;)

私の頭の中の『大正デモクラシー』のイメージってのはぜんぜん違ったものやったんです・・・

道路なんが全然舗装されてない砂利道

その物凄く太い砂利道のど真ん中を路面電車が走ってますねん。

ほんで道の両側には、まばらに商店が。

なんでか知らんけど、大勢の人々がデモ行進してますねん。
口々になんか叫んではりますわ。


手に手にとか、プラカード持って、当然垂れ幕も横に広げて何人かで持ってます。

物凄いシュプレヒコールの声で大賑わいo(^▽^)o

道行く人々は、紋付袴扇子を片手に鳥打帽を被った紳士やら、着物で髪を日本髪に結った下駄履きお姉さんがた


デモ行進を見つめて歩を止めてる方々。

蓄音機からは賑やかな音楽が鳴ってます!〜♪

なんかそんなイメージやったんですけどネ。

俺はこっちのイメージの方が『大正デモクラシー』にしっくり来るんですけどねえ〜(笑)


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 20:38| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・映画のタイトルで遊ぶo(^▽^)o・3

早朝。

まんまと脱獄に成功したかと思われた男の手には手錠がはめられていた・・・・。

「ホンマにどないして見つけよったんやあ・・・・完璧やと思てたのになあ」

刑務所をあなどったのだろうか?

いったいどうやって男を発見したのか?

「参りました。で、どないして見つけはりましてん?」

「教えて欲しいか?それはな、まず犬が見っけえの、いち早く覗く(犬神家の一族)とお前がおったんや(笑)」

「警察犬でっかいなあ〜(ノ_-;)」

バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 20:21| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・映画のタイトルで遊ぶo(^▽^)o・2

脱獄囚は、必死で追っての手を逃れていた。

計画は見事に成功だ。

「さてと、はなこのビニールハウスに一晩隠れてまた明日や・・・・しやけど野菜の照明(野生の証明)が眩しいてイカンなあ〜」


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 20:10| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・映画のタイトルで遊ぶo(^▽^)o

深夜のとある刑務所・・・・・

けたたましいサイレンの音!
警報機が鳴り響く!

「脱獄したぞ!逃がすな!」

「捕まってたまるかいな」

ドスン!

「痛ったあ〜・・・・・何にぶつかったんや

おわ!にんげんやんけ!気絶しとんな。

人間の正面(人間の証明)に衝突かいな〜(^_^;)


バナー
にほんブログ村 その他ブログへ←ポチ、ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 20:06| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。