2006年12月17日

シングル派アゲイン・・・

ああ〜寝付かれぬ夜〜♪のお話しじゃないんです。

実はわたくし以前は「トイレットペーパーはダンゼン、ダブルじゃ〜ん」

などとうかつに思っておりました。

ところが最近シングルの良さに目覚めてしまったのです(*-_-)ポ

そう言えば、遠いむかし、いつもシングルを使っていたような・・・

でも、出会った昔のようには無邪気になれない自分が悲しかった・・・←だからいったいそれはなんやねん!

違う道を選らんだあなたにぃ〜♪←だから、歌でごまかすな!

バナー
←シングル派の方はポチッとたのんます!

posted by ボチ at 23:36| Comment(8) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱湯で遊ぶ。

私は自他共に認める『ぬるい湯好きです』

熱いお風呂がお好きな方もおられるようで・・・・

はたして、どれくらい湯の温度が上がると熱いとかんじるものなのか?


実は、先ほど温度計を持って、まず40℃のお湯につかり、そこに熱湯を注いでいくという実験をしてまいりました。

45℃ですネッ!

アチチチチチチチチチチ!(>_<)

と感じると言うか「マジ、ヤケドするんじゃないか?(>_<)」と不安になるほどに熱い!と感じます湯船の温度は45℃でございました(_ _)


バナー
←ポチッとたのんます!




posted by ボチ at 23:12| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『大河ドラマ』ってホントなの?

なんだかんだで『功名ヶ辻』を最後までみちゃいました〜

ところで、NHKの大河ドラマってのはどこらあたりまで史実に基づいて描かれ、どこらあたりまでがフィクションなのでしょうか?

極端な話、大河ドラマの筋書きをそのまんま日本史の歴史の教科書に載せられるほど史実に忠実なんですかね?

なわけないですよネェ〜(笑)

私が『功名ヶ辻』を観た感想では
「おお、これはかなり大胆な脚色だなあ〜」
ってなシーンやエピソードがふんだんに入っておりました。

物語としては、それなりに楽しめます。

「ダテに平均視聴率20%は取っとらんな」

そんな感じだったのですが、

気になって仕方がないのが、大河ドラマってずぅうううう〜っと昔っからやってますが、ドラマの最後に

『この物語はフィクションです』

といった表示が一切出ません。

「おいおい、それでイイのか?」

と思うわけですよ。

せめて『このドラマは史実に基づき脚色や演出を加えたものです』

といったテロップを出した方がイイんじゃないのかなあ〜?と思うわけですよ。

特に今回の『功名ヶ辻』の主人公である『千代』さんなる人物が現実におられたのかどうか?といったことに確証はないわけでしょ?ってか『千代』さんじゃなくて『まつ』というお名前だったなんて説もあるそうで・・・

更にドラマの中のような大活躍をなさったことが、どここからどこまでが史実であったのか?ってのが解からないってのが本当のとこのようで・・・

原作は司馬遼太郎さん。

そして凄腕の脚本家おおいししずかさんだとか・・・

歴史上不明なところほど筆は運ばせやすく、腕の見せ所なわけですよね。

ただそれは「このドラマはフィクションであり、登場する人物や名称などは実在のものではありません」といったテロップがドラマの最後に出るから視聴者は「ああ、物語なんだな」と思って見ることができるわけですよね。

でも大河ドラマではドラマの最後に一切そういった類のテロップが出ません。

問題なのじゃないかな?と感じてしまうのです。

歴史はそれを捉える方によって、大きく意味の違ったものとなると思うのです。

でも大河ドラマは、明らかに一つの見解をもって国営放送なるNHKが放映している物語です。

それゆえに、余計ドラマの最後に「このドラマには脚色された部分が多々あります」といったテロップを出してもらわないと、鵜呑みにしちゃうちびっ子や視聴者の方々がおられるのじゃないのかなあ〜?なんて思ってしまうわけなんですよネェ〜・・・。


バナー
←ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 19:03| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

紫色になるのは手抜き?

今日、定期的な血液検査のための採血の注射をしました。

いつもの注射の『技術がバツグン』の看護士さんでした。

ところが今日は針を刺した後で、なんだか納得が行かないようなご様子・・・

でおっしゃるのに「ごめんなさい。もう一度針を刺しなおさせて頂いてよろしいですか?」

私はいつも信頼してる看護士さんなので「はい、どーぞ」

そこでいつもの私の”好奇心くん”がうずきました。

「あのぉ〜ちなみに、どーして針を刺し直した方がよろしいのですか?」

「ええ、ちょっと針を入れた時の感覚で、針の先が血管の壁に当たっているような感じがあったんです。

そのままで採血もできますが、患者さんが痛い思いをなさいますし、最悪の場合、採血の針の先が当たっている血管の壁に穴が開いてしまって、内出血を起こすこともあるんです」

なるほど!

確かに、会社に居た頃、定期的な検診で採血の注射を受けた後、注射した周辺が3センチくらい、ひどく紫色になったり、ひどいときには真っ黒になってしまうことがよくありました!

あれって、採血の針が、血管を破って『内出血』を起こしてたんだ!

ヒドーイッ!(>_<)

つまり、注射は失敗しているのにを知りながら、そのまま痛みを与えながら強引に採血し、血管を破ってしまった結果があれだったんだ!


・・・まあ〜、たしかに社員は大勢居たから、さばくのは大変なご苦労なんでしょうが、相手は生身の人間なのにネェ〜・・・(_ _;)

だから、妙に採血の注射が痛いときがあったんだなあ〜


でもって、そういった『痛い注射』の後に限って、腕が紫に腫れたりしてたんだあ〜・・・

やな話だなあ〜・・・

ちゃんと針を入れなおすだけで、そんな苦痛をクライアントに与えずにすむのに、それをなさらなかったなんて・・・

要は腕は悪いは『手抜き』だったってことか・・・?

バナー
←ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 16:41| Comment(23) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気配を読むのか?

季節外れの話題なのですが

けた途端蚊に殺虫剤を向けると、何故か逃げる。

そんなご経験はありませんか?


私の思い過ごしなのかもしれませんが
なんだかそんな気がして仕方が無いのです。


たとえば猫がそばに居ます。

その脇で私が何の意図も気もなく、ごろ〜んとしてる間は猫は決して逃げないんです。

ところが『抱っこしちゃえ〜♪』
なんて思って、ちょっとでも行動をおこそうとするやいなや、サッと逃げてしまいます(>_<)

「なんで解かんねん???」

いつも驚きます。

気配を察知しているんですかね〜?

さすが〜!o(^▽^)o
なんて感動してしまいます。


バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 11:00| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

ゴジラのしっぽ。

円谷英二さんのモノクロの『ゴジラ』

ゴジラはことさらに「建物を壊そう」とか、思てないと思うんですよ。

とにかく体がデカいので、あちこちと歩いてて

「あ、ちょっと手が当たっちゃった」

で、ビルがバラバラっと崩れてしまう。

転ぶと街を破壊することになっちゃう。

つまり、結果として、様々なものを壊しながら歩くことになってしまう。

そんなふうに描かれているように感じるのです。

口から出る放射能も、見ようによっては、ま〜いわばゲップみたいなもんですわね。

でも、唯一あの長い尻尾。
あれ、ブンブン振って歩くでしょ。

怪獣が尻尾で街やビルを破壊するのって、けっこう定番やと思うんですよね。

うちの猫が、テーブルの上とかに上がって、様々にゴチャゴチャと色んな物が置いてある狭い間を、間一髪、スレスレで歩くんです。

それは、それは見事な車両感覚って感じ!

でも、不思議なことに、尻尾はひどく無頓着なんですよねえ〜

尻尾は無造作にバンバン振って歩くから、せっかくすり抜けてるのに、色んなものに当たりまくり(笑)

時には倒すこともあるし、テーブルから物を落とすこともあるんです。

そういった意味ではゴジラや怪獣が尻尾で街を破壊しながら歩くというのは「ナルホド、理にかなっとるやないか」などと関心したりするんです。


バナー
←ポチッとたのんます!



posted by ボチ at 21:23| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

エスカレーターが怖かった(>_<)

のぼりのエスカレーターで降りる直前のことです。

紐靴のひもがほどけていて、エレベーターの中にその靴ひもが飲み込まれました!

なんか突然足が強く引っ張られる感じで

「うわ!」

っと思うと同時に

「ヤバイ!」

と感じると同時に、反射的に足をグッと引っ張ってました。

幸い、引っ張られる方向と反対側に足を上げたらしく、靴ひもが抜けてくれました。

エスカレーターの事故はよく耳にしてました。

服などが引き込まれた時など大変な事故になったり

あるいは身体の小さいお子さんの服が引っ張り込まれて、死に至るといった事故も聴いた気がします。

わたし自身、エスカレーターに何かを巻き込まれるといったことは生まれて初めてだったので、かなり驚きました。

ほんとに怖かったです。

でも無事を得てほんとによかったなあ〜
ラッキーだったなあ〜

と胸をなでおろしました。

エスカレーターめちゃコワイです(>_<)


バナー
←ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 17:48| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

賞味期限と消費期限。

とても長持ちする食品などには『賞味期限(品質保持期限)』が記載されます。←缶詰とかレトルトとかですネ。

●だいたい5日以内で急速に劣化する食品には『消費期限』が表示されるようです。←生鮮食品のことですネ。
コンビニ弁当や、スーパーの肉のパックとかです。

でもわかります?
この二つの違い(^_^;)
もーひとつよくワカリマセンよね。

昔『製造年月日』ってのがありましたよね。
あれに変わって義務付けられたのが『消費期限表記』だったようですが、これもまったく説明になってませんよねえ。

ちなみにその期日を過ぎた製品は店頭から撤去されて、『食品廃材』として『肥料』や『家畜飼料』として用いてたらしいです。

でも、近年は『残飯などの処分に関わる法的規制』が厳しくなった事とか『農業関係者らが残飯を使わなくなった』とかで『焼却処分』される事が多いそうです。

ううう〜んんん・・・じゃ、どっちにせよ期限切れだと食べられないってこと?

でも、食べちゃって平気なことが多いな・・・

調べていて知らなかったのが消費期限(しょうひきげん)は『食品以外のもの』にも適用されるそうです。

例えば、化学変化を利用したり、あるいは時間の経過によって想定していない化学変化の発生する『工業製品』に製造者が定めた期限なんかにも『消費期限』が用いられるそうです。

肉とか生魚の『消費期限』切れにトライするのも不安だけれど、缶詰や、ジュース、レトルトなんかの『賞味期限』切れにアタック!するのも覚悟が要りますよネッ!

特に品質が変わってなくても、味がおかしくなくても気持ちの問題で「なんかお腹の具合が変になりそ〜」
そんな、心細い体調や気持ちになります。

もっと解かりやすい表示にはできんのか?

製造責任者さんの責任が極力軽くなっとるよーな・・・
なんかそんな気もします。

でも、誰が何と言おうと、口に運ぶのは自分の責任ですもんね。

やっぱ『製造年月日』の方が解かりやすかったよなあ〜

とわたくしなどは思いますです。


バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 23:20| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スゴク変な映画・タービュランス3!

途中から観たです。

「さすがKBS京都!期待を裏切らない変な映画やってるなあ〜o(^▽^)o」

結局最後までみちゃったです(笑)

飛行機の中でコンサートを開こうとしたカリスマロックバンド。
その飛行機がある奇妙なオカルト的な一団の一味にハイジャックされます。

本物のカリスマヴォーカリストは、ヘビメタ系らしく、全身かなりハードな飾りのついた黒い皮の衣装。
お顔の化粧など真っ白で、眉毛無し。
口も黒いルージュ。
お化けみたいでした。
画像を探したのですが、見つからなかったのが残念(>_<)

その方が閉じ込められちゃいます。

「なんじゃこの映画は???」

テレビガイドで調べたら『デンジャーゾーン/タービュランス3』だとか・・・

「『タービュランス』?・・・聞いたことあるな・・・
もうちょっと観てみよ〜」

その一味に、そのヴォーカリストのソックリさんが居ます。

彼らの目的は、自分達のオカルト集団を世界に強烈にアピールすることにあったようです。

なわけで、ソックリさんは、本物になりすまし、女性の人質を片手に、テレビ放映を通じて、やりたい放題、言いたい放題。

FBIも手が出せない状況。

ところが、その人質もその一味だったんですよ〜

で、その女性の人質役は、そのオカルト集団のボスの座を狙ってたんです。

その中で、本物のヘビメタ系ヴォーカリストが立ち上がります!

一方、関係のない事件で、女性FBI捜査官がやっと追い詰めた、天才的ハッカー。

ナントその人物は、そのバンドの熱狂的なファンでした。

彼女はそのハッカーに飛行機のハイジャック事件の解決を援助してもらうことを単独決意!

ハッカーは、飛行機の中で閉じ込められているボーカリストとコンタクトに成功!

ハッカーとヴォーカリストはすっかり意気投合!

戦うヘビメタ系ヴォーカリスト!

強いのなんの!

敵の女性を倒します。
ソックリさんは、ボコボコにして、気絶させて閉じ込めちゃいます。

やっとコックピットに入ったら、機長さんもオカルト団の一味でした(^_^;)

「お前は飛行機の操縦ができるのか?」
「いや、できない」
「そうか」
バーン!
自殺しちゃいました。

飛行機はどんどん落ちてゆきます!

FBIもまったくどーしよーもない最悪の事態!

戦うヘビメタ系ボーカリストもここまでか?

そこでずっと、バンドリーダーを支援していた、ハッカーが

「俺は小さい頃から、フライトシュミレーターで遊んで育ったんだゼッ!」

彼は、的確な操縦の支持を次々と戦うミュージシャンに出して行きます!←なアホな(_ _;)

そして、飛行機は無事、飛行場に着陸成功!←ゼッタイにありえねえーっ!

ヒーローは、ファンに囲まれ、手を振りながらタラップを降りて行きます!

ってか、そのものすごく怖いお顔のヴォーカリストが『ダイハード』のブルース・ウィルス(ジョン・マクレーン刑事役)ばりの大活躍ってのが、みょーにミスマッチングでカワイかったなあ〜o(^▽^)o

見てくれはメチャミーハーで怖いお姿なのにネッ!

なんかこー「額に汗して、がんばるぞっ!」みたいなカンジなんですよね♪
「俺のファンは俺が守るゼッ!」みたいなネッ!

バンドの一人は、一味の女に射殺されちゃいました。
それだけが、悲しかったなあ〜
リーダーもそれだけが心残りだったようです。

思いのほかファン思い だしメンバー思いなんですよネェ〜・・・

けっこうハッピーエンドでしたしネッ!

おもしろかったです。

わざわざお金払って観ようとはゼッタイに思いませんけどネッ!(^_^)


バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 21:30| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

どういった類いなのかな?

ダイソーで寄り道。

あ、お腹が!(^_^;)

トイレを借りました。

お腹はセーフでなにより( ´−`)

そのトイレの入り口に何やら張り紙が・・・


『最近、このトイレで変質者の目撃情報が寄せられています。
トイレをご使用の際には、鍵をおかけください。』

「ふう〜ん・・・変質者かあ〜・・・。
みょーな事件があっちこっちで起きてるもんね」

・・・ん? 『変質者』?

それってどんな???

表現が抽象的というか、漠然としてますよね。

『のぞき』とか『盗撮』とか、そういった具体的な情報じゃなくて『変質者』?

いったいどんな情報が寄せられているのでしょう?

様々な変質行為に及んでいるのでしょうか?

なんでもバッチ来いって感じの、バリエーションが実に豊富な『変質者』なのでしょうか?

張り紙の『鍵をおかけください』ってのがヒントですよね。

ウンコしてたらいきなり飛び込んで来るのでしょうか?

ウンコしてるとこを「バアア〜」なんて覗いて逃げるのでしょうか?

きっと目撃情報がまとまらないんでしょうね。

様々な形の被害があったってことなんでしょうね。


バナー
←ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 20:28| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テーブルが壊れてゆく・・・

割と、ファッショナブルで「いかにも高そうだなあ〜」

そんなテーブルと椅子4脚がセット販売されてました。

全部で4万円台だったかな?

「そんな値段でこれが買えるの!」

飛びついて買ったのです。

今年の2月のことでした・・・

使い始めて「おろ?おろろ?あっちこっちの木目が剥がれてく・・・」

まあ、値段も値段だったし、印刷だったってのはショックでしたが、それなりに気に入って使っておりました。

最近のことです。

何かのネジが落ちている。

「なんのネジだ???」

ふと落ちているネジの上を見ると、

あ、

椅子の座面を止めているネジの1本が抜けてました。

ねじ込んでみると、クルクル回りますo(^▽^)o

いわゆる『バカネジ』になってました(_ _;)

更に、つい先日のこと。

「このネジなんのネジ?」

家内が聞きます。

別の椅子のネジでございました(_ _;)

そして今日。

やはり家内の声

「あら?この金属ってなんだろう?」

椅子の木の座面と、金属の足の間に入っていた、金属の溶接がはずれたらしく、そのはずれたパーツでした。

どんどん危険な椅子になってゆきます・・・

保証期限が来年の2月まで。

セーフ!

買ったお店にお電話しました。

明日、店長さんから、返金するのかどーするのかなどのお電話をくださるそーです。

ゆううつだなあ〜・・・

危ないしネェ〜・・・

それにその机や椅子のデザインに合わせて、他の家具とか買ったから、他ので似合うのがあればイイんだけど・・・

返金はたぶん椅子だけだろうなあ〜・・・

それにしても、ほんとにいろんなものが壊れます。

しかし、まさか家具まで壊れるとは思わなかったよなあ〜

バナー
←ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 20:13| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。