2006年04月30日

ガンバ!

『ガンバ大阪』の『ガンバ』を

「ガンバだぞ!」

のガンバだと思っていた時期がありました。

更にその「ガンバだぞ!」の語源が『ガンバの大冒険』だと思ってた時期がありました。

ところで「ガンバだよ!」のルーツは、やはりあだち充氏の『タッチ』の中の『朝倉 南』でしょうか?

「タッちゃん。ガンバだぞっ」みたいな。

なんか、これから本気で戦おうとしている時に
「ガンバだぞっ」なんて言われたらムカつくような気がするんですよ。

例えば、これから試合にのぞもうとする『無差別格闘技』K-1選手の控え室に行って。
「ガンバだぞっ」
はないだろう・・・と思うわけです。

あるいは、これから命のかかった大変な手術に挑もうとしている人に「ガンバ」はないですよね?

ここ大一番の時に「タッちゃんガンバだよ!」なん言われて達也君はよく平気だなあと思うわたくしなのです。

冗談っぽく言って、緊張を和らげようとでも言うのでしょうか?
そんな状況じゃないと思うんです。
ってか、そういう世界を描いた漫画であり、アニメなんですよネ。

ちなみに、先ほどの、ガンバ大阪の『ガンバ』はイタリア語で『足』を意味するそうです。


バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 23:42| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安全運転の標語。

私は与謝野晶子生誕の地で暮らしております。

ある日、近所の国道を車で走っておりました。
すると目の前に見える歩道橋に

「君死にたもうことなかれ」

と書かれてありました。

そうです。有名な与謝野晶子さんが、太平洋戦争に召集された弟さんに宛てて命がけで書いた詩の一節です。

道路に警察などが書いている看板は
「スピード落とせ!の」とか
「命落とすな、スピード落とせ!」
あるいは「事故多発地帯!」などロクなのがないです。

そんなもの見てわき見で、事故る方がよっぽど危険だから「何も書くな!」とさえ言いたくなります。

でも「きみ、死にたもうことなかれ」
これは私の胸にすぅーっと入って来ました。

「うん、そうですよね。命は大切ですもんね。安全運転しよう」
そんな素直な気持ちになれました。

全国の安全運転の為の言葉をこれに統一してしまってもイイんじゃないか、と思えるほどです。


バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 19:19| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白鳥のジュン裸体(画像あり)


白鳥フィギュアネットでフィギュアをいろいろと見てましたら、こーんなのに出くわしちゃいました!
なんでもあるんですネエ〜(笑)
再放送だったのかな?で『科学忍者隊ガッチャマン』を見てた頃、なんだか白鳥のジュンさんのコスチューム姿に本当に憧れました。
『ギャラクターの戦闘員と闘う』という、かなり緊迫したシーンなのに、コスチュームがピンクで、おまけにチョーミニスカート(>_<)そのギャップがたまらなくエッチに感じましたねえ〜。
オナペットとして、私の夜の妄想の中でずいぶんとお世話になりました。

あれから30年以上かな?
こんな形でお目にかかろうとは。

フィギュアはリメイク版の『科学忍者隊ガッチャマン』の白鳥ジュンさんなのでしょうが、今でも人気があるんですネ。
もしも30年昔にこんなイイモノがあったら、鼻血ブーッ!ですわ(笑)
ちなみにお値段は5万円くらいで取引されていたかな?

バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 18:28| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『パイ投げ』のこと。

お笑いの定番で『パイ投げ』ってのがありますよネ。
罰ゲームなんかでよく見ます。

わたくし、以前は「そんなん何がおもろいねん?」と言った感じで、全く興味ないというか嫌いだったんですよ。

でも10年ほど前から好きになりました。

あれって「『お笑い』として案外ムツカシイかも?」と思うように変化したんです。

ただパイを顔面にぶつけるだけじゃ笑いがとれないことに気がついたんですね。

様々な工夫が面白いし楽しめますです。

たとえば、相手の人が『息を吐いた直後』にぶつけると、鼻の穴にしっかりパイが入って「フンッ!」っと鼻の穴からパイを吹き出すというギャグが完成します。

パイをぶつけられる方も、息を吸った状態でぶつけられないと、呼吸ができなくなっちゃうから、なるべく息を吸った状態をキープするんだけど、ぶつける側が世間話とかで気をそらせて、バン!なんてのも面白い。

ぶつける側もぶつけられる側も様々な駆け引きを必死でする。
そういった駆け引きも面白いです。

あとパイをぶつけた後にお皿をグリグリと押し付ける。
そのお皿がとろ〜っと落ちる感じ。
これもけっこう笑えます。

力量のある芸人さんの『パイ投げ』は面白いですネ。

バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 14:26| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

100均でスターダストレヴュー(画像あり)


根本要さん100均で買い物してると色んな音楽が流れてます。

「あれ?この声、この曲の感じ・・・もしかして

『スターダストレヴュー』
の新曲?

どうやらそうらしいのです。

「おお〜現役バリバリじゃねえか〜」

その曲に耳を傾けながら、お店をウロチョロ・・・
でも私にはその曲が、なにかもーひとつなんですよねえ・・・。

昔の彼らは、ヒット曲をバンバン出してました。
テレビCMでも使われまくってました。
それも20年近く昔のことになっちゃうのかなあ〜?

彼らの2枚組みのベストアルバムを持ってます。
ほんとに素敵な曲がてんこ盛りヽ(^。^)ノ

でもキーが異常に高くて歌えない(;_;)←カンケーない。

私の思い込みかもしれませんが、ここんとこ10年以上『スターダストレヴュー』の根本要(ねもと かなめ)さんはスランプなのでは?
なんだかそんな気がするんだなあ〜・・・

バナー
←ポチッとたのんます!

posted by ボチ at 23:49| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫とラジコン。(画像あり)


ジェットモグラヤフーオークションで買った『サンダーバード』の『ジェットモグラ』という名前の小さなラジコン。

前長8cmくらいかな?

それで遊んでました。

動く物を見ると、どこからともなく姿を現す家の猫。

よく意地くその悪いこどもが、ラジコンでペットをいじめたりしますよねえ〜

家の猫は、ちっこいラジコンがチョロチョロと動いているのに興味深々。
そしてついにラジコンの『ジェットモグラ』に手を出しました。

これは、やられる!
私は『ジェットモグラ』の先端を回転させて対抗しました。
片手でパン。
あっけなくラジコンは転がりました。

それ以来、私がラジコンで遊んでいる音を聞くと、彼女は、あ、家内じゃないですよ。
すっ飛んで来ます。

ラジコンがちょうどネズミや昆虫なんかに見えるのかな?
『ともノン』と言いますが、彼女も来月の5月26(日)で3歳。

月日が流れるのがとても早く感じます。
バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 23:06| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清々しい日本卓球チーム!

女性の『5人の卓球チーム』の準決勝凄かったなー!
途中からテレビで観ました。
ライブで観てたのか録画なのかわからかったけど
金沢選手が香港のエースと必死で闘っているところから観ました。

その空気につい引き込まれました。
気がついたら、テレビの前に釘付けで応援してました。

ラケットの接着剤のことで、辛い思いをなさった福岡春菜選手が2−0からの懸命の逆転!

私は思わずガッツポーズでした!

「あと一勝で、日本チームが銀メダルに手が届く!」

そして世界ランキング17位の福原選手と、世界ランキング8位の香港チームとのエース対決。

これに勝てば銀メダル!

今日初めて気がつきましたが、福原選手のスタイルはどこか、テニスの伊達公子選手の『ライジング(前に出る)』と似ていると感じました。

福原選手は決してリーチが長いわけでもなく、身長が高くもない。
「それをカバーしているのは一体何なんだろう?」と不思議だったんです。

フットワークも凄いけど、まず闘志の強さを感じます。
そして、リーチの短さをカバーする『卓球台に近い所で球をさばくスタイル』

コントロールも抜群で、バックハンドもかなり強烈!
頭の回転も速そうだし、実に冷静。
私は卓球に関して詳しいことなどぜんぜん解かりませんが、そんなことを感じました。

続く金沢選手は、長いリーチを生かしたスタイルで、粘りを感じます。

とにかく試合の最中は、本当に集中して、終われば
「やるだけのことはやった」といった、すがすがしささえ漂う選手達。

本当に素敵だと思いました。

バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 22:51| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩く植物?

普段は植物なんです。

植物と言っても、森の中で腐った木に生えている苔(こけ)というかカビみたいなんです。

自分が生えている所から、栄養分を吸収して生きてます。

でも、生えてる場所の栄養分もいずれはなくなっちゃいますよネ。

そしたらナント、アメーバ状になって、移動を始めるんです!
栄養のあるとこまで移動したら、また元の植物に戻ります。
『粘菌(ねんきん)』と言うそうです。

和歌山県にその『粘菌』の研究で有名な故、南方熊楠(みなかた くまぐす)という人物の記念館があります。

彼は、今から100年程も昔に「自然破壊が進んでいる!」と警告を鳴らしました。

当時誰もが全く思いも考えもしないことでした。

彼が残した膨大な研究資料の中に『熊楠曼荼羅(くまぐすまんだら)』というのがあります。

彼の記念館で何度か見ました。

実に面白い、まるで落書きのようなややっこしい・・・紐が立体的にもつれて、ぐちゃちゃになってるとでも言いましょうか・・・
なんかそんなのです。

でもその意図するところが解かるような気がするんです。
彼の発言で面白いものに

「西洋科学はいずれ崩壊する」

といったものがあります。
根拠は、物理の中に『人の縁(えにし)』が含まれていないからだそうです。

私は「なるほど!」と思いました。

物理は人が考えるものであり、人が人に伝え、認識を共有するものですよね。

それなのに、物理の中に『人のこと』が入っていないのは確かにおかしい。
肝心なものが抜け落ちていると思うのです。

動く植物から、話がそれてしまいましたが、
南方熊楠。
日本が世界に誇れる天才だと思います。
バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 19:27| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風見みずほ先生を好みのタイプに(画像あり)

風見オリジナル風見オリジナル2















上の画像が『オリジナル』の『風見先生』のフィギュアです。
昨日もかなり変身させちゃったんですが、今日その続きで、結局自分の好みのタイプに変身させちゃいました。
どんなふうに変身したか、ご覧下さる方はどうぞ続きを見てやって下さいませ(^_^)
 

続きを読む
posted by ボチ at 17:23| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレスの溜まりにくい性格?

先日、私のかかりつけのお医者様のところへ行った時のことです。
その時の先生は、ジグソーパズルがお好きだったことのある先生でした。

私も最近、海中でイルカが4匹泳いでいる500ピースのジグソーパズルを買ったんです。

気持ちが落ち着いている時なんかに、ゆったりとジグソーパズルをする、ってのが私のささやかな夢でした。

ようやく実現し、ひとつづつ、ゆっくりとピースを探してます。
ピースが入った時はウ・レ・シ・イ

そんな感じなんですね。

まだ半分くらいかなあ〜?
とにかくゆったりと、一回5〜10ピースくらいのチョースローペースで楽しんでます(^_^)

そんなことを先生にお話ししましたら。

「ボチさんはストレスが溜まりにくい性格なんですね」
とおっしゃいました。
私はとても以外でした。

続きを読む
posted by ボチ at 16:53| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイムが怖い猫

家の猫はチャイムの音がすると、すっ飛んで逃げます。

逃げて、寝室のベッドの下に隠れてしまいます。
んで、しばらく出てきません。

チャイムが鳴るたびにドキッ!とするのも可愛そうなので、
「何かイイ方法はないものか?」と。

でメロディー音を8種類から選べる、ワイヤレスのチャイムをホームセンターで買って来て取り付けました。

チャイムの替わりに鳴るメロディーは、ひとまずディズニーランドでお馴染みの『リトル・ワールド』だったかな?に設定してみました。

早速、実験〜 (^。^)/

♪チャラ、ラン、ラン、ラン、ララ、チャン、ラ・・・
あたりで逃げました(__)

なぜ?ホワーイ?
ってか、メロディが鳴っただけなのに、なんでチャイムだって解かっちゃうの???

勘が鋭いの?

今、そのメロディの音をおもっくそちっこくしか聞こえないように、分解して、スピーカーを厚紙でふさぎました。
本体のカバーの音が出るスリットのとこにも透明ガムテープを張りました。

メチャ音がちっこくなりました。
でもネ。そのちっこい音でか細く鳴る『リトル・ワールド』でも、逃げます(笑)

慣れてくれるとイイんですけどネェ・・・
バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 15:31| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

卓球日本『銅メダル』おめでとう!(訂正)


金沢 咲希(かなざわ さき)福原 愛(ふくはら あい)






福岡 春菜(ふくおか はるな)藤他 亜衣(ふじぬま あい)平野 早矢香






※●金沢 咲希(かなざわ さき)●福原 愛(ふくはら あい)
●福岡 春菜(ふくおか はるな)●藤他 亜衣(ふじぬま あい)●平野 早矢香(ひらのさやか)選手

ドイツ・ブレーメンでの卓球の『世界選手権団体戦』で、日本の女性代表選手の5人が5戦全勝で銅メダル決定!

日本の卓球は強くなっていたんですね!

選手の・で私が知っているのは福原愛選手だけです。

彼女の物凄い気迫と集・力に圧倒されました。
17歳で、選手団のチームリーダー。

各局のアナウンサーが「ねえ、愛ちゃん。あのガッツポーズの時に出す声は何て言ってるの?」
なんてしつこく質問してましたよね。

それに対して彼女は「どうしてそんなこと知りたいんですか?」と実に怪訝(けげん)そうでした。

当たり前ですよね。
そんなことよりきいて欲しいことがあったはず。

ああ、なんて、バカで情けない大人達なんだろう(__)
だけどスポンサー収入も大事・・・
福原さんの方がだんぜん大人ですよね。

今日の損合で相手の選手の球が、福原選手の正面に飛んできたのを、絶対にラケットに当てまいと、身をすくめ、前かがみになった彼女の頭部に当たったシーンが印象的でした。

福原選手ほんとうに一生懸命なんですよね。
必死なんですよね。
そんななりふりかまわない姿に感動を覚えました。

福原選手以外の選手のみなさんも、ほんとうに強いと感じます。

実力で勝ち取った銅メダル!
スゴイな〜
ところが、選手のみなさんがそれに気がついたのは、監督がインタビューを受けておられた時に、その話の内容で初めて気がついて、みんなで

「え?メダルなんだー!」

ってハイタッチして喜び合っていたシーンもとても印象的でした。

ほんとうに、一つ一つの損合にだけ集・なさってたんですよネ!

とてもいいものを魅せてもらいました。
バナー
←ポチッとたのんます!


※日本のチームが5人であるとことろを4人と書いてしまってました。
また日本チームのメンバー平野 早矢香(ひらのさやか)選手の写真と名前を掲載しておりませんでした。
訂正とお詫び申し上げます<(_ _)>
posted by ボチ at 23:55| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『風見先生』の変身<回答編>

なんだか、もったいつけちゃったみたいで(^_^;)

『ウエディングドレスバージョン』だったので、けっこう派手だったんですよネ。

それを「パーティードレスくらいに」って意図で手を入れたんです。

●『金のティアラ』→『黒いカチューシャ』を作って入れ替えました。

まずは、頭のキンキラキンの『ティアラ』ですよね。

●首の金色のネックレス2つ→2つともはずしました。

せっかくの長い綺麗な首なのに、ごついネックレスで見えなくなってたので、思い切って外しました。

●髪型→顔の前側、両サイドに下がった髪を後ろに流しました。

綺麗なアゴのラインが髪の毛で隠れてしまってたのが惜しいと思ったのと、後ろに髪を流してるのが私の好みでしたので。

あとの一箇所は、
●後ろの巨大なリボン→ボキッと外して、小さなリボンを作り、付け替えました。

『ウエディングドレス』ならアリかと思うのですが、ちょっとしたドレスと考えると大げさですよネ。

思い切ってバキっと外しました。
リボンのパーツが接着してあった穴が二つ開いてしまったのを、手製のリボンを作って見えないように隠しました。

以上、私が手を入れた箇所でした。

私は『おねがいティーチャー』をみたことがありません。
なわけで、自分の好きなイメージに合わせて、大胆な改造をしちゃいました。
『おねティフリーク』の方がご覧になったら悲鳴をあげられるかもしれませんネ。

あと、首に『黒いチョーカー』を巻くか、あるいは胸元まで『シルバーのチェーン』をかけてみたいなと企んでます。

できれば『髪の毛の色』も、もっとダークに落としたいなあ〜と思います。

注文が多いですよネ(笑)


バナー
←ポチッとたのんます!



posted by ボチ at 21:27| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『風見先生』を変身させる・2

風見オリジナル風見オリジナル2















これが『オリジナル』の『風見先生』のフィギュアの画像です。
では、どんなふうに変身したのか?
どうぞ続きをご覧下さいませ(^_^)
 

続きを読む
posted by ボチ at 19:41| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『風見先生』を変身させる・1

フィギュアのサイトでふと目にとまった『おねがいティーチャー』の『風見みずほ先生』のフィギュア。

だいぶ考えましたが、やっぱり欲しくて注文しちゃいました(^_^;)←萌え〜???

それが今朝の11時に届きました☆

サイトにあった写真の通りで、美大出身の私が

ようこんな細かい細工したもん作るなあ〜・・・

とあきれるほどに精巧にできております。

特に塗装の技術が素晴らしい。
黒いストッキングの透明感なんて、相当リアルです。
手袋なんかも「実際にはめさせてあるの?」って思うほど透明感がよく出てます。

でも、なんだか全体的にチャラチャラした感じで、思ったよりも安っぽい・・・

そんなわけで、自分の気に入るように、大改造しちゃいました。

つづく・・・


バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 19:35| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ウーロン茶』と『紅茶』

『ジャスミン茶』が中国のお茶だと知ったのはつい最近のことでした。
ずっと、西洋の『紅茶』だと思ってました。

ところで『ウーロン茶』って、脂っこい物を食べた後なんかにスッキリしておいしいですよネ。

『ウーロン茶』もちろん中国のお茶ですから、中華料理にあいますネ。

さてその『ウーロン茶』なんですが、お茶の葉を発酵させて作るそうですね。
で『紅茶』なんですが、『ウーロン茶』と『全く同じ葉』を使い『全く同じ製法』で作られるそうなんです!

じゃあどうして『紅茶』と『ウーロン茶』は全く違った味や香りがするのでしょう?

それは『ウーロン茶』が半発酵で『紅茶』はそれをもっと発酵させたものだからなんだそうです。

なんでも、大昔に中国の『ウーロン茶』を西洋に運ぶ道中に月日がかかり、その間に半発酵だった状態の『ウーロン茶』がもっと発酵してしまい、今の『紅茶』になったとか。

ちなみに、日本の『緑茶』もとてもおいしいですが、大きく言えば『緑茶』と『紅茶』や『ウーロン茶』ほとんど同じ種類の木の葉から作られるそうですよ。

あとお茶のルーツは抹茶だそうですネ。

座禅を組むお坊様が、気付けの為に服用していたと聞いたことがあります。

眠気覚ましと言えば珈琲という話がありますが、
実際に眠気覚ましによく効くのは
『抹茶』(←ダントツ!)で、あとは『緑茶』『紅茶』『珈琲』の順なんだそうです。
バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 14:45| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マチ子先生VS風見先生!(画像あり)


マチ子先生のバスタオル姿風見ピンク下着向かって左のフィギュアが『まいっちんぐマチ子先生』という大昔のちょっとエッチなアニメのキャラクター「う〜ん、もー、まいっちんぐぅう〜」でお馴染の『マチ子先生』のバスタオル姿。

右のフィギュアは『おねがいティーチャー』という現代のアニメなどのキャラ『風見みずほ先生』です。

『女性の教師』に対する男性の強い憧憬は、今も昔も熱烈なものがありますよネ。

こうして並べて見ると、その体型の違いに驚きます。
そして、リアリティがぜんぜん違いますよネ。
私的には、どっちもかなりエッチで魅力的です。

ちなみに『マチ子先生』のこのフィギュアは1500円〜1400円くらいで取引されてます。
それに対して、この『風見先生』のフィギュアは10000円〜8000円といったところのようです。

どちらかタダでもらえるとしたら、どちらを選ぶかなあ〜・・・?
やっぱ、風見先生かな?

そう言えば、こういったフィギュアに関して、私の家内は「何がどうエッチなのか?」もうひとつピンとこないそうです。
やはり男性と女性では感性がぜんぜん違うんですかねえ〜?
よく男性は
「おおスゲェ〜」
ってのを視覚から感じるけど女性はそうでもないって言いますよネ。
ひとたびエッチモードに突入しないと、女性は外からのエッチ情報に感じないようですね。

あ、でも、男性アイドルのヌード写真集がけっこう出版されているし、売れているって現実もありますよね・・・

三十路を超えた女性が、それまで感じたことのなかった強い性欲を感じるようになってご自身でも驚いてしまうなんてこともあるようですけどね(^_-)


バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 01:34| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラガラ事件。

つい最近、とんでもない話を知人から聞きました。

新装開店した「紳士服のアオヤマ」に行ったそうです。
お店でお買い物した人にはもれなく抽選券が。

で、ガラガラっとやったら、ナント『特賞』が当たったそうなんです!
『商品券』を1万円分ゲット!
スゴイですよね。

ところが知人の話はまだ続きがありまして、
抽選券がまだ残ってて、二度目のガラガラ。

それがどっひゃ〜 一等賞!(゜o゜)

一等賞は『5千円分の商品券』だったそうです。

総額一万五しぇんえんの商品券ナリ〜
そんなこともあるですねえ〜(;_;)

そんなこともあるですねえ〜(;_;)

そんなこともあるですねえ〜(;_;)

でね、その知人が、また何かの用事でそのお店に・・・
抽選会は開店初日と翌日の二日だけ。
またガラガラ。

『特賞』だったそうです(~_~;)

いったい、どないなっとんのや!

さすがにお店の方も知人の顔を覚えておられたらしく
「一等賞はけっこう出ますけど、特賞はそう滅多に出るものじゃないんですよ」
とのことだったそうです。

ちなみに特賞の玉は、全部で10個しかなかったそうです。
一人の人間が同じお店の抽選会で『特賞を2回』『一等賞』を一回連続でゲットするなんて・・・

まあ確立の問題なんでしょうけど、それにしても、いったいどんな確立になるのやら?

ご関心のおありの方は「続き」の方で考えてみますので、ご一緒にどうぞ。

バナー
←ポチッとたのんます!



続きを読む
posted by ボチ at 00:00| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

お釣りでおろろ?

先日、お店で、250円を支払おうとしました。
財布に小銭が溜まるとウットオシーので、いつもなふべく小銭から使うようにしております。

あいにく100円玉と50円硬貨しかありませんでした。
で、1000円札で支払うことにしたのですが、お釣りが小銭で沢山もどってくるのがいやだったんですネ。

で、いつものクセで、50円玉と千円札を出しました。

お店の方が少しけげんそうなお顔をなさいました。

戻ってきたお釣りは800円。
500円硬貨一枚と百円硬貨が3枚の計4枚の硬貨。

もしかして・・・・・(・・?

そうなんです!

千円札をそのまま出しても、お釣りは750円。
つまり500円硬貨一枚と100円硬貨2枚と50円硬貨一枚だから、小銭4枚に変わりはなかったんですネ。

なんかワケのワカンナイことしちゃいました。
お店の方がけげんなお顔をなさったわけです(笑)

小銭をお札に足しても、戻ってくるお釣りの硬貨の数が変わんない場合もあるんですね。

バナー
←ポチッとたのんます!




posted by ボチ at 23:12| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原巨人の謎(画像あり)


原監督だ巨人ユニフォーム











巨人がメチャ強いですネェ〜

去年までは『飛車』と『角』だけで将棋をしてたようなチームでしたよね。

あのままでは「勝てっこない」と思ってました。

やはり『金』『銀』『桂馬』『香車』『歩』などが揃ってこそ『将棋』なわけですもんネ。

今年の『原巨人』はそういった意味で、ようやく『異常なチーム』から『正常なチーム』に様変わりできましたよね。

補強も、体裁なしで、ごっそりと他のチームから『計算できる選手』で固め『抑え』も磐石。
『走』『攻』『守』バッチリ揃った選手がきちんと役割をこなし、様々な試合運びができるようになりましたネ。

こういったチームにすれば勝てることは、堀内元監督だって当然解かっておられた筈ですし、野球ファンの方々もおわかりだったと思うのです。

私が不思議に思うのは「いったい何故、頑(かたく)ななまでにチームのスタイルを変えなかった『巨人』が、今年はこんなにもガラッと、スタイルを変えることができたのか?」なんです。

そういったことはユニフォームにも象徴されていたと思うのです。
「伝統の巨人軍」なんて言って、ずうぅううう〜っと地味ぃ〜なユニフォームで「いい加減変えればイイのに」とずっと思っておりました。

さすがにあれだけ負け続けたことで、渡辺さんもご意見を変えたのでしょうか?
でも、人ってそう簡単に変わるわけもなく。

巨人の激変が、ほんとうに不思議でならないわたくしです。

バナー
←ポチッとたのんます!


posted by ボチ at 22:27| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。