2005年03月31日

「愛してる」ってピンと来ない。

「愛してる」ってピントこないん言葉なんですよね。

「愛してます」って言われるより
「好きや」とか
「ずっと前から好きやってん」って言われた方が断然心に響くと思います。

続きを読む
posted by ボチ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫ってスゴイと思います。

猫飼ってますけど、その子を見てていつも思うのです。

「こいつ自分の身一つでこの世を生きて行けるんだなよあ〜」って。

生きて行く為に必要なものを全て備えているんですよね。
私は身一つで生きて行くなんて絶対に不可能です。

そういった意味で、猫もそうだし、犬も小鳥もみんなほんとうにスゴイよなあ〜って、感心しますし、感服するといった気持ちです。

人間である私達夫婦に心を許してくれて、いろんなことをして遊びますが、そのごっこ遊びが野生の中では実戦になるわけなんですよねえ・・・

ほんとに心根の優しい、小柄な猫なんですけどねえ〜
いざとなったら、厳しい野生の世界で生き抜く能力を備えているんですよね。
ほんとにスゴイって思います。


クリックバー2



posted by ボチ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラの違い?

樹木希林さんの旦那様はロックミュージシャンの内田裕也さんです。

裕也さんがお風呂に入ろうとなさると
「ロッカーはシャワーじゃないの?」

そういったことで夫婦でかなりもめるそうです。

「ロックミュージシャンってのは生き様がロックだもんなあ・・・けっこう大変なんだなよあ〜・・・」と思った瞬間に、ふと忌野清志朗さんのことが頭をよぎりました。

「たしか清志朗さん、メンバーと露天風呂につかってたよなあ・・・・???」

同じロックミュージシャンでもエライ違いですよねっ!

キャラの違いですかねえ?(笑)


クリックバー2



posted by ボチ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フード付きの服着てると・・・

学生の頃ですけどね
フード付きのトレーナーとかフード付きのコートとかジャケットとかを着てると、誰か必ずそのフードの中に消しゴムとか入れる人間がいました。

フードに入った物を出すのってけっこう大変なんですよ。

一人ならまだしも、わらわらと集まってきて、いろんなもの入れるんですよねえ〜
フード見ると、何か物を入れたくなるんですかねえ???

まあ、洒落だな?とは解るんですよね。
なにせ青い学生ですから。
でも、その中に一人だけ、明らかに悪意を感じる人間がいました。
そいつだけ、真顔で最後まで離れないんですよ。
いやな性格ですよねえ〜(>_<)



クリックバー2



posted by ボチ at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私的「江戸落語」<イメージ編>

東京落語に出てくる言葉のイメージです。

スットコドッコイッ
おとといきやがれってんだっ
おうっ!塩まいときなっ!
よっ!おにいさんっ!
粋だねっ!いなせだねっ!

こまたのスーッときれあがったいいおんなっ!
祭りだ祭りでいっ!
火事と喧嘩は江戸の花ときたもんだっ

とうふのかどであたまぶつけて死んじまいなっ!
このウスラトンカチがっ!
おいおいおい、やぶからぼうにねんでい。

ようしゃしないね、どうもこのひとは。

おあとがよろしいようで。

あくまで私個人の偏見ですので、どうか失礼の程お許し下さいませ_(_^_)_

ところでこうやって改めて文字にしてみると「っ!」を頻繁に使いますね。
やはり歯切れの良さが個性なんでしょうね。
気候風土がそうさせるのかもしれませんね。
生きて行く上でどこかキリッとしたものが必要だったのでしょうね。



posted by ボチ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西弁<何にでもボケる編>

関西人は物心のつかない幼少より「ボケ」と「ツッコミ」の中で育ちます。

ですから例えば東京に転勤した関西人は「ボケ」「ツッコミ」欠乏症になり、マジでテレビに突っ込んだりボケたりします。

例えば関西人が「クイズミリオネア」を独りで観ているとしましょう。

「ええ!そんなもんわかるかいな〜・・・・
みのもんたも、たまには正解教えたったらエエんや・・・ってそんなんしたら番組降ろされてまうがな(笑)

うわっ!正解やがな〜・・・こいつノーベル賞取れるんとちゃうか〜ってそんなわけないですよっ!

なんでみのもんたて、いつも顔、黒いんかなあ〜・・・
美白したったらエエねんなっ!
キショイか・・・(笑)」

タバコの自動販売機の前でも果敢に独りでボケを炸裂させます。

続きを読む
posted by ボチ at 19:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西弁<絶対音感編>

大阪や関西出身の人間に、言葉だけで強烈なダメージを与える方法があります。

たとえば
「なにしてはりまんねん」
これをご自身で関西弁っぽくテキトーに抑揚をつけてアレンジして関西人に言ってみて下さい。

へたすると本気になって怒る関西人もいるかもしれませんから、シャレの解る、温厚そうな関西人を選んで試してみてくださいネ。

関西人はどういうわけだか、自身の方言、つまり「関西弁」のイントネーションに「絶対音感」のようなものを持ってしまっています。

ですから、そのイントネーションからビミョーにはずれた関西弁を聴くことは、黒板を爪でひっかく音を聞くくらいの苦痛に値します。

下手すると、逆に居直られて「ちゃうねん、ちゃうねん。せやからそうやなくて〜。な、に、し、て、ま、ん、ね、んっ。ほら、ゆうてみっ」な〜んて関西弁講座が始まってしまうかもしれませんネ。


クリックバー2



posted by ボチ at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンダーバード


サンダーバード2号わたくし「サンダーバード」という1960年頃にイギリスでアメリカのスポンサーにより制作されたSFのドラマが大好きなんです。

どこにも所属しない「国際救助隊」という組織が、自分達で設計製造したオリジナルのスーパーメカを操り、世界各地、時には宇宙空間まで飛び出し、事故現場で命の危険にさらされている人々を、絶対絶命の状態から起死回生に救助するといった物語なんです。
ただし軍事的、政治的なことには一切関与しません。

また、当時科学は急速な進歩をしていました。
その「科学絶対的な考え方」に警鐘を鳴らしていたというのも、とても重要なテーマだったと思います。
そうしたドラマの骨子となるテーマがまず好きなんですね。

全てが手作りってのも大きな魅力の一つなんです。
CGでは絶対に出ない魅力があります。

またドラマの演出が実にスバラシイ!
唯の操り人形なのに、演出の力で、手に汗握ります。
思わずドラマの中に入ってしまいます。

バックに使用される音楽もとても優雅で上質です。
緊迫感や、衝撃的な時の音楽でさえ綺麗で気品を感じさせます。

ただ、ちょっと冷めた目で見ると「ただの工事現場のおじさん」にも見えたりしてしまいます・・・
けっこう危険な肉体労働が多いんですよね(笑)

1960年というと、第二次世界大戦で、世界が様々な近代兵器によって、かってない殺戮を行った戦争が終結してから15年しか経っていないわけですね。
そういった時代に制作されたドラマだったからこそ「心から、大きな力を人の幸せの為に使いたい」そんな空気もあったのではないでしょうか?


クリックバー2





posted by ボチ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンチ体験

ってさあ〜
むかしのはなしなんだけどお〜
俺ってさ〜、頭にパンチあてられたことあんだよねえ〜
っつうか〜殴るほうのパンチじゃなくてえ〜
パンチ佐藤のパンチなわけえ〜

いやほんとうにまいりましたよ。
まだ通勤している時でしたからね。
マジ、シャレになんないッスよ(>_<)

会社の寮に入り立ての頃で、右も左もワカンナイから
「一番近い理髪店に入っちゃえ〜♪」
なんて感じでお店に入ったんですけどね。

ちゃんと「こんな感じにしてください」って写真の切り抜き持ってったすよ〜

「ああ、はい、はい、そんな感じね」(ハイが2度の時はいい加減な返事ですよね)
「できますかね?」
「そらできますよ。ほな、ゆる〜い目にウェーブさせたらよろしおまんねやな」

南河内エリアです。大阪の中でもコッテコテの関西弁です。

だいじょうぶかなあ・・・・相当不安でしたが、やってみなきゃワカンナイもんね。ってな感じで写真をお渡ししてお任せしました。
続きを読む
posted by ボチ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体にポケットがあったら・・・

人間の体にちいさなポケットがあったら便利ですかね?

左胸のあたりにワイシャツみたく・・・

何入れるかなあ???・・・・・小銭?
出すのが不便ですよね(笑)
あ、でも銭湯とかプールで便利かも・・ってそんな用途しか浮かばんかあ〜
じゃあ「コンドームッ!」
おおおおおお〜それは確かに便利だ!

あと御守り。うんイイかもしんない。

そう言えばむか〜し耳の穴の中に100円玉入れたおじさんよく見かけたなあ〜・・・
posted by ボチ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「好き」「嫌い」

人を「好き」になるって不思議な感情だと思うんです。
「好きな人」だと、かなり嫌なことされてもやっぱり「好き」だったりします。

心理学で「アニマ」とか「アニムス」とか言いますが、やはりそういったことに左右されているのでしょうか?

「うどんよりもそばが好き」ってのとはまた違った感覚なんですよねえ〜・・・

「テレビが好き」なんてのとも違う・・・
気に入った腕時計とか・・そうした愛着に近い感じかなあ・・・

その逆に「嫌い」ってのは「自分がそうありたいと心の中で願っていること」をどんどんやってのけちゃうような人のことを案外「なぜだか嫌いだ」なんて感じることもあるそうですね。
posted by ボチ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お腹をへこませたいなら。

歳と共に、どうしても運動量が減って、さらに「基礎代謝量」も落ち、筋肉も減りますから、ますます摂取した栄養が余ってしまいます。
余った栄養分は脂肪に変わり、脂肪は栄養の貯蔵タンクですから、もっともっと余った栄養が蓄積されやすい体質になって行きます。

今私がちょうどそんな感じです。

当然お腹がポッコリと出てきますよネ。

そんなお腹をたったの2週間でスリムにできるなんて、ほとんど詐欺まがいの通販をよく深夜放送で見かけます。

見ていると、ほとんどの商品が腹筋を鍛える方に重点をおいています。

でも、実はお腹をへこませるのには背筋を鍛えた方が効果的なようです。
続きを読む
posted by ボチ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旨い珈琲を入れる裏技

ドリップ方式の美味しい珈琲の入れ方がNHKの「ためしてガッテン」で取り上げられてました。

珈琲の苦み成分に
○美味しい苦みと
●下に残る嫌〜な苦み
の2種類があるそうなんです。

いや〜な苦みがなるべく出ないようにすれば、美味しい、むしろ甘味さえ感じるような珈琲が飲めるというわけです。

具体的に書いてみますネ(^・^)
続きを読む
posted by ボチ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『雁がね茶』レシピ

『雁がね茶(かりがねちゃ)』ってご存知ですか?

玉露の葉っぱを取った残りの枝のとこだけ集めたお茶っ葉なんです。

その『雁がね茶』に含まれる成分がなんと玉露と同じなんですよ!

頭の回転を良くする効果があるそうなんです。
「ボケ防止」にとても良い効果があるそうですよ。

その『雁がね茶(かりがねちゃ)』の呑み方を書いておきますね、
続きを読む
posted by ボチ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蚊が苦手です。

ふと思ったのですが、最近蝿を見かけなくなりましたね。
いるとこに行ったら居るのかな?

蚊は相変わらず多いですねえ〜

わたくし蚊に噛まれるのがとても苦手なんですよ(T^T)
今年に入ってからはまだ一度も刺されておりません。

今住んでいるマンションの部屋は3Fなのに、ベランダの窓の網戸に蚊が7〜10匹くらいとまってるんでですよ(>_<)

以前、住んでいたマンションにはエレベーターがついておりました。
私はその3Fで暮らしておりました。

実に不気味なことに、蚊がエレベーターを利用して上の階に上がってくるんですよ。。゛(ノ><)ノ ヒィ

刺されてもかゆくなければ、さほど気にならないと思うのですが、そうなると伝染病とか拡がりやすくなるでしょうねえ・・

なんでも「キンチョウ」などの会社の人曰く、この世から蝿や蚊を絶滅させることは可能なんだそうですね。

でもそんなことしたら「生態系」が崩れて、大きなシッペ返しが来ることは確実ですよね・・・

とにかくベープノーマットでも焚いて、かゆいのくらい我慢するか・・・



クリックバー2



posted by ボチ at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「分別収集」の意義

私の近所でも「分別収集」が行われております。
そこでわたくしとても気になるのですが、

「ホントに分別したゴミをリサイクルしてるんだろうか?」

ほんとのとこが知りたいですねえ・・・

地域によっても全然ルールが違いますよね?
私の地域はまだまだゆるいほうだと思います。

驚いたのは名古屋の「分別収集」です。

親戚が名古屋に在住しております関係で、色々と教えてもらえるわけですが、名古屋の「分別収集」は8項目くらいあったかな?
とにかく「ゴミ捨てるのがモー嫌だっ!」ってくらいに厳しい掟でしたよ。

でもNHKなんかのテレビでは「猛烈に強い火力で高温を出すことができるようになったので、ことさらにゴミを分別しなくても、害を出さずに処理できるようになりました」なんて、さも自慢たらしげに報道しておるわけですね。

ドイツだっかな?
「分別収集」が完全に定着して、実に上手く機能してたそうなんです。
でも、その「超高温のゴミ処理施設」が充実したので「分別収集」の必要性がなくなってしまったそうなんですね。

でも、その国の国民としては混乱しますよね。

結局、せっかく「分別収集」しても、十把一絡げに燃やされてしまうって解っていても「せっかくこんなにイイ習慣が身についたのだから、しばらくは様子を見て、このまま「分別収集」を続けようといった方々も多いそうなんです。

日本はいったいどうなっているのやら?サッパリワカリマセ〜ン・・・


クリックバー2



posted by ボチ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫のこと

猫を飼っておりますが、一日に何回も家の中を実に丹念に、のそのそと歩き周ります。
きっと縄張りのチェックなんでしょうね。ご苦労さまです。

最近はトイレにもついてきてしまいます。
そのトイレに入った足で食卓の上などにも上がられます。

「テーブルの上っ、大腸菌だらけかよっ!」みたいな・・

食卓の上にはゴチャゴチャといろ〜んな物が置いてあるのに、見事にすり抜けて、接触することはまずありません!

ただ「シッポ!」
どうもシッポだけは、無意識にユラユラと動かしているようで、よく灰皿の上に乗った灰が、テーブルに散らかってたりします(笑)

今は食卓の椅子の上であぐらをかいてパソパソに向かっている私の足の中でグッスリと眠っておられます。

「おお〜!なんとウイやつなのじゃ(。-_-。)」
と、初めのうちは嬉しいのですが、さすがにシビレがきれてきます。

「冷蔵庫にお茶取りに行きたいよ〜(T^T)」
でも、身動きできません。
けっこうツライですうf(^ー^;
でもカワイイ〜!アホですねえ〜♪
posted by ボチ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「巻き爪」「反り爪」

わたくしの足の親指の爪がひどい「巻き爪」なんです。
「巻き爪」っていうのは、爪の両脇がありますよね。
それが内側へ向かってクルッと巻いている爪のことなんです。
これほっておくと、巻いた爪が肉に食い込んでとても痛くなる時があるんですよね。

下駄なら全然問題ないんですけど、靴使いますからね。
西洋人にも「巻き爪」の人いないのかな?

ちなみに「巻き爪」は遺伝するようです。
母方の叔母も祖母も「巻き爪」なんですよね。

で、どういうわけだか家内も「巻き爪」なんです。

ついでに私の足の親指の爪は「反り爪」なんです。
「反り爪」は爪の先が上向いて伸びていく爪なんです。

学生の時、冬のサッカーの体育の授業で「トゥキック」なんてやらされたひには溜まりませんでしたね(T^T)
イタイのなんの。
よく血が出ました。

「反り返った爪」だと、靴下の親指のとこばっか集中的に擦れるから、そこだけ先に穴が開いてしまいます。


クリックバー2




posted by ボチ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイーンのフィルムコンサート


フレディちょっと前にクイーンの曲がドラマに使われて、クイーンブームになりましたよね。

私としては大歓迎だったんです(^・^)

昔は海外のミュージシャンが日本でライブすることが珍しかったそうで・・・フィルムコンサートなるものがあちこちで行われていたそうです。

つまり映画ですわな。

私の家内は、私よりも熱狂的なクイーンのファンなんですよね。
ある日そんな彼女が「当たっちゃったーっ!」って興奮しているわけですよ。
続きを読む
posted by ボチ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見つかる快感

「耳がかゆいっ!」って時に、サッと耳掻きが見つかると快感です。

そして心ゆくまで「ボソボソ」と耳かきできる快感・・・

その逆に「耳がかゆいっ」て時に「あれ〜・・・あれれれ〜・・・確かこの辺に置いてあったよな〜???・・・・ああ〜っ!耳かきたいっ!」
イライラしますね(笑)

たかが耳掻き、されど耳掻き。

使いたい物がサッと出てくるって快感ですよネッ!
要は「ちゃんと整理整頓しておきなさい」ってことなんでしょうが、わたくし散らかすのは得意なのですが、片づける方は面倒ですってそれはみんなそうなのっ!
ハイ、スミマセン(__;)


クリックバー2



posted by ボチ at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。